就業規則作成・変更

こちらでは就業規則作成・変更サービスについて紹介いたします。

 

就業規則・作成

就業規則サービス

あらかじめ就業規則で労働時間や賃金をはじめ、人事・服務規律など職員の労働条件や待遇をはっきりと定め、労使トラブルが生じないようにしておくことが大切です。

 現状ある就業規則を診断し、最新の労働関連法令に沿っているか、事業の運営上必要となるもの、またお客様の希望等をヒアリングしオリジナルの就業規則の作成をいたします。

 また、最近急増している休職や職員とのトラブルをはじめ、労務リスクなどを踏まえた対応もしています。就業規則の定め方で、ある程度のリスク低減を図ることが可能となります。

 当事務所では、お客様の事業にあった就業規則の作成・変更を行い、職員や事業者様が安心して業務に専念していただくご提案をさせていただいております。

そして、最も大切な点はその業界に沿った就業規則が必要であります。介護事業には介護事業の就業規則。保育園には保育園の事業に沿った就業規則を作成する必要があります。

 

当事務所が作る就業規則の特徴

当事務所の就業規則は以下の5つの特徴があります。

 

特徴1

リスク対応型

最近急増している職員の休職や問題職員の対応も、規定の仕方により対応は大きく違ってきます。特にひな形の決まった規程集ではいざという時には何の対応もできないことにもなりかねません。最新の判例を踏まえた規定を入れ込んだご提案をさせていただいております。

特徴2

法改正や時代の変化への対応

労働、社会保険関連法は常に改正があり、就業規則への反映は当然必要になります。また、法改正だけではなく、パート職員の増加やSNSやスマートフォンの普及や家族意識の変化等時代の流れにも対応が必要になります。

 これら必要であろう規定を就業規則に追加や修正をすることも当事務所の得意とするところであります。

特徴3

得意業種への提案力

当事務所は保育園介護サービス事業所を得意にする社会保険労務士事務所です。業界の慣習や各法令で必要な事項を盛り込んだ規定の就業規則を作り上げていきます。

特徴4

 経営理念の明確化

就業規則に必ず入れたい項目の一つに、経営理念があります。企業の「想い」や「こだわり」を経営理念として規程には記載すべきだと考えます。法人から職員に対する期待事項を明示する際には、経営理念から一貫した考えがなければ職員の心には響かないでしょう。

特徴5

就業規則とルールブック

オプションサービスにはなりますが就業規則に加えて職員に配布する「ルールブック」をご提案させていただくことも可能です。

就業規則はその性格上、堅苦しく読みづらいものです。そこで、職員にわかりやすく読みやすしリールブックを作成し、周知させやすくします。職員確保が難しい業界にあって、職員の心をつかむツールにも成ります。

 

 

手続きの流れ

STEP1

訪問しお客様の就業規則を拝見

 まずは現状の就業規則等、施設規程全般を拝見し問題点の把握を行います。

現行の法律に沿っているか、運営上必要な事項は記載されているかなど。

STEP2

ご希望をヒアリング

 御希望をヒアリングさせていただき、御社独自のルールを構築させていきます。

その施設には独自の慣習や経営者様の方針が個別にあります。

ここは大切なところになりますのでしっかりとお聞かせさせていただきます。

STEP3

仮の就業規則が完成

 数回の訪問や打ち合わせの後に仮の就業規則が完成します。

内容により納期は変わります。

内容を全て確認していただき完成させます。

STEP4

就業規則が完成

 いよいよオリジナル就業規則の完成です。

職員の皆さまへ周知させ、労働基準監督署へ届出を行います。

STEP5

アフターサービス

 運営上、ここは修正したほうか良いなどの、訂正項目がでた場合などは随時修正を

行います。原則として1年間はアフターサービス期間といたしますので完成後もご安

心していただいております。

        

       ※価格については、個別にお客様の規模や事業形態などを勘案し、お見積りをださせていただいております。

  

その他のページのご案内

賢い社労士の選び方
 
よくあるご質問
 
代表者ご挨拶
         
         

はじめて社労士を選択する時のご参考として。

詳しくはこちらへ

 

当事務所へ寄せられるご質問をまとめてみました。

詳しくはこちらへ

 

当事務所代表のごあいさつです。

詳しくはこちらへ

 

お気軽にご相談ください
06-6944-7778

受付時間 : 9:00〜18:00

(土日・祝日 休)

フォームからのご相談はこちら
▲このページのトップに戻る